コスメにまつわる独り言よ!

マカロン
ナポレオン
HOME => 日々、長く湯浸かるが好きな私はお肌のドライ策のため

日々、長く湯浸かるが好きな私はお肌のドライ策のため

日々、長く湯浸かるが好きな私はお肌のドライ策のために、いつも洗顔をした後は直ちに化粧水をつけてから、ゆっくりお風呂に入るひとときを楽しんでいます。

だが、真冬の時期ともなれば化粧水を塗っただけでは入浴後の乾燥が気になるので、化粧水+保湿美容液もしっかり塗ってお風呂に入りますが、この習慣が身につくようになってからドライ肌がかなり改善されてきました。毛穴、中でも鼻の毛穴に目立つ角栓があるととても気になりますよね。
だからといって、洗顔時に無理に取り除こうとしてしまうと、かえって肌を傷つけてしまうので、お奨めは出来ません。ピーリング石鹸等を使用して角栓をじっくりと取り除くといいでしょう。



しかし、使いすぎると良くはないので、週1〜2回ほどの使用を守ってちょーだい。肌のくすみが目立つ原因として糖分を摂りすぎていないか考えてちょーだい。甘いものをたくさん食べる生活が続くと、どんな化粧品を使っていても茶色や黄色のくすみが目立つことがあります。コラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)の働きが、過剰な糖と結合することで弱められているのではないでしょうか。

コラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)と糖から、老化の原因となる物質ができることをコラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)の糖化と呼んでいます。全身の老化を加速指せないために、糖分の摂りすぎには注意してちょーだい。肌が荒れているのは空気が乾いているために体を起こしています。肌を保護してくれるクリームを充分に使用することをお奨めします。

とにかく、乾いた肌を放置するのは辞めたほウガイいです。


お肌を清潔にするためには、洗顔する必要性がありますが、洗顔も度を超すと、むしろ肌を傷めてしまいます。
朝の洗顔はおこなわないか、気休め程度に行なうのが良いです。
肌荒れは、いつ起こるのか予測できません。



日々、肌手入れをしっかり行ってい立としても、いろんな原因で肌荒れを引き起こしてしまいます。
それならば、肌が荒れた時のお肌の手入れは、どうするのが良いのでしょうか?肌が荒れた場合には、化粧品を一切使用しない方もいますが、保湿対策だけは普段よりしっかりとする必要がございます。

私のニキビケア方法は、どんなに眠くてもメイクは必ず落として眠ることです。化粧をすることにより、肌には結構なダメージがあると思うので、お肌を休憩指せてあげたいのです。
メイク落としにも気を配っています。オイル系や拭い取るタイプなど色々試してきましたが、ミルクタイプのメイク落としがお肌に優しいと思いました。

砂糖など、糖質を摂りすぎる方は要注意です。糖質は、お肌がくすみ、老化を早める原因になるのです。

体内で糖分がタンパク質と反応し、全身の老化を早める糖化産物を生じてしまいます。



真皮でコラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)が糖と反応すると、黄ぐすみ状態になったり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因になることもあるのです。



普通より弱い肌の場合には、敏感な肌だと一括りにする事には無理がありますが、肌に無理を指せず、なおかつ肌に合わせた化粧品で、スキンケアをしていくことが大切です。気温や肌の状態によって、肌の具合が変化しやすいというのも、敏感肌の辛いところです。

その時の肌のコンディションに合わせて、しっかりとお手入れをするようにしましょう。ニキビは何度も繰り返しできやすいお肌のトラブルです。



改善したからといってバランスの悪い食生活(洋食よりも和食の方が健康にいいといわれていますね)や不摂生を繰り返していると、すぐにまたニキビはできてしまいます。

ニキビの再発を予防するには、お肌を清潔に保つようにし、暴飲暴食といった生活をせず、たっぷりと睡眠を取る事が大事だと思います。



ビタミンCは美白作用があるということで、輪切りのレモンを顔に乗せて、レモンパックをすることが流行ったこともありましたが、かえってシミの原因を増やしてしまうので、すぐに止めましょう。

レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激をうけると、シミの原因になってしまうのです。シミに有効な作用をレモンのビタミンCで期待するなら、食べたり飲んだりした方が賢明です。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 コスメにまつわる独り言よ! All Rights Reserved.